スポンサードリンク

ふとした事からストーカーの被害に合う事になった家族を描くサスペンスホームドラマ「ようこそ、わが家へ」が、2015年4月13日(月)夜9時よりスタートします。

ストーカー被害に合う家族の長男で主人公を嵐の相葉雅紀さん。父親を寺尾聰さん、母親を南果歩さん、妹を有村架純さんが演じます。

池井戸潤さん原作のこの作品、最後まで目が話せないストーリー展開になりそうですね。

では、第1話のあらすじをご紹介します。

ようこそわが家へ【2015春ドラマ】相葉雅紀主演!キャスト・あらすじ・ネタバレ感想!

ようこそわが家へ【第1話】あらすじ

倉田健太(相葉雅紀)は、出版物のデザインの仕事をしている。

郊外の一軒家で、父の太一(寺尾聰)、母の珪子(南果歩)、妹の七菜(有村架純)と一緒に暮らしていた。

健太の言いたいことを言えない気弱な性格は父親・太一譲り。悲しい事にその性格のせいか、何をやってもうまく行くことがなかった。

そんな健太が、ある出来事に遭遇した。

帰宅を急ぐ人たちで混み合う時間帯に、電車に乗り込もうとする人の列に男が無理やり割り込んできた。そのせいで、女性は突き飛ばされる羽目に。

普段は気弱な健太も、そのあまりに横暴な態度に怒りを感じ、思わず男のそばに近寄ると注意をした。

★こういう場面で堂々と注意するのはとても難しいと思うだけに、健太のとった行動は勇気があって賞賛すべきものだと思います。

普段はおとなしく、言いたいことが言えない健太ですが、実は心の中には強い正義漢を持つ男気のある男性なのですね。でも、これが後のトラブルの原因となってしまうのですね…。

スポンサードリンク

男は健太に掴みかかろうとするが、それを見ていた周りの人々も皆、健太を応援。

ある一人の女性(沢尻エリカ)は、男が落としたタバコを拾って男に渡すと「それ以上近づかない方が身のためだ」と男に告げた。

割り込み男はすごすごと引き下がるしかなかった。

その後、健太が電車とバスに乗って家に帰る途中の事だった。ふと見ると、さっきの割り込み男が自分と同じバスの中にいる事に気がついた。

「あの男も自分の近くに住んでいる人だったのかもしれない」
と必死で言い聞かせようとするが、尾行されている可能性も大。
だんだん恐怖で心臓がドキドキしてくる健太だった。

思い切って、自分が降りるバス停より一つ手前で降りた健太の後を、男は追いかけてきた。

必死で全速で走り、男から行方をくらましたと思ったが、実は男はその後も健太の後をこっそりついてきていたのだった。

健太は家に到着するなり、家族に今日の出来事を話すと、父親の太一からは「あんまり変な事にはかかわるなと」注意を受けるのだった。

★健太と父は似たような性格同志で、二人の関係はうまく行っていないようです。原作「ようこそ、わが家へ」では、父の太一が主人公なのですが、今回のドラマでは息子にスポットをあてているようです。

もうこれで、問題は解決したと思っていた健太だったが、実はこれからがストーカー被害の始まりだった。

翌日、家の花壇が荒らされている事に気がついた。


花は花壇から掘り起こされてメチャクチャになっていた。

やっぱり、昨日の男による仕業にちがいないと思いながら、朝から暗い気持ちで出社する健太は、電車のプラットフォームで昨日会った女性と偶然再会。

彼女は、名前は神取明日香(沢尻エリカ)で雑誌記者をしていると自己紹介した。

★沢尻エリカさん、今回は髪の毛をダークに染めての登場です。ドラマ「ファーストクラス」で演じたような、テキパキとした魅力ある役柄ですね。

明日香は昨日の健太の行動に感銘を受けていたのだった。健太は明日香に、昨日その割り込み男に家までつけられ、家の花壇が荒らされた被害を話すと、もし良かったらそれについて自分の方で調べてみようか?と申し出た。

健太はその必要はない、と断ったが…。

スポンサードリンク